キャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入が福岡で普及している理由

キャッシュレス決済・電子マネーとは

海外では常識!?クレジットカードより多機能なキャッシュレス決済・電子マネー

福岡で通信インフラ事業をマネジメントしている株式会社Dreamではキャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入事業において、「いかにスマートに面倒がなくご利用いただけるか」にこだわりを持っております。また、専門スタッフによるサポートでオーナー様に安心して導入いただき、キャッシュレス決済・電子マネー文化の推進・定着を目指しております。

キャッシュレス決済・電子マネーを最も簡単に説明すると「現金以外のお支払い方法」です。現金以外の支払い方法というとクレジットカードが一番に思いつきますが、近年、キャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入で話題になっているのが、電子マネーやモバイルウォレット、スマホ決済の導入です。

モバイルウォレットは「おサイフケータイ」と聞くとピンとくる方もいらっしゃるのでしょうか。また、専用アプリをインストールしたスマートフォンを使って、レジでQRコードやバーコードをスキャンしているのも最近はよく見かける光景ですね。アプリに現金をチャージしたり、銀行口座・クレジットカードと連携させることが出来るので、そのお手軽さからキャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入が増加しています。

加えて同じキャッシュレス決済の「おサイフケータイ」で使われるFelica(フェリカ)などが近距離無線通信規格に依存しているのに対して、導入することによって様々なデバイスで利用できるので、消費者側と店舗側の両方の母数が多い事に繋がり、キャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入を加速させています。導入に際して店舗側の負担も少ないですし、スマホの機能と連動して便利に使えるので、クレジットカードにはない魅力があります。

スマホでのキャッシュレス決済は、導入店舗側の端末で読み取る方式と、店頭に掲示されているコードを消費者側が読み取るタイプの大きく二つに分かれますが、すでにネット関連企業はこうした決済手段を通じて顧客を増やし、自社の「経済圏」を確立しようと、機能やサービスでキャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入を競い合っています。

しかしながら、利用割引やポイント還元、支払いにかかる時間の短縮など、すでにキャッシュレス決済・電子マネーを活用している消費者層が増加傾向にある一方で、海外に目を向けてみるとまだまだ日本におけるキャッシュレス決済・電子マネーはスタンダードになりきれていないのが現状です。そこで福岡は海外からの観光客が多い地域である実情から、キャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入のための様々な試みが行われています。

キャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入のメリット

東京五輪やビックデータ活用がキャッシュレス・電子マネー決済導入を加速。福岡でもキャッシュレス実証実験が

キャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入店舗の拡大だけでなく、スマートフォンアプリやインターネット活用など支払いサービスも多様化しているキャッシュレス決済・電子マネーは、上記のように現金を使わず電子マネーやクレジットカードなどを利用するなどの利便性だけでなく、実は導入によって社会経済の向上やキャッシュレス決済・電子マネーを通して得られたデータを活用したイノベーション創出、例えばビッグデータ分析による消費の活性化効果や少子高齢化で労働力不足に直面する日本にとって社会全体でキャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入を進める事による生産性の向上などにつながる可能性を秘めています。

更には来る2020年の東京五輪ではキャッシュレス決済・電子マネーが当たり前になっている訪日客の決済需要が、福岡などの訪日外国人高訪問率地域だけでなく全国で増加する事が予想される事もキャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入推進の起爆剤となっています。

キャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入拡大は首都圏だけの話ではなく、地方都市も巻き込んだ日本全体の流れです。福岡でもキャッシュレス実証実験が行われました。例として既に終了しましたが、8/4~9/30の期間行われた福岡動植物園では、入園料をLINE Payの「コード支払い」で支払うと,後日半額分をLINE Payへキャッシュバックの福岡キャッシュレスキャンペーン第1弾@動物園や、9/21から10/31の期間行われた,福岡博物館(常設展示・企画展示)や福岡アジア美術館(アジアギャラリー※常設展示)、福岡動植物園、福岡タワーの観覧料や入園料等をLINE Payの「コード支払い」で支払うと,後日半額分をLINE Payへキャッシュバックの福岡キャッシュレスキャンペーン第2弾@博物館、福岡アジア美術館、動植物園、福岡タワーのイベントがありました。

福岡実証実験フルサポート事業で6/12採択した実証実験プロジェクトのうち、導入した屋台(民間施設)を対象とした実証実験などは福岡らしいキャッシュレス決済・電子マネーの可能性と言えるでしょう。是非この機を逃さずキャッシュレス決済・電子マネーの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

福岡のキャッシュレス実証実験で生産性向上を体感!!

上記のように福岡ではキャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入に関して様々な取り組みが行われています。また福岡のこの事業で各キャッシュレス決済・電子マネー採択事業者が平成30年6月から実施している取り組みに関して行った、事務作業の効率化や消費購買行動の変化,インバウンドの集客など,キャッシュレスの効果等について、最終報告が行われました。

ヤフー株式会社/PayPay株式会社エンタープライズ営業本部の報告によると、福岡の中央区にあるキャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入店舗でPayPayお支払いで全品半額のイベントを行った結果、来店組数のQR決済比率が62%、平均滞在時間が41分上昇、平均客単価が1,300円増加したことが報告されています。

そして、一度利用したユーザーは恒常的に利用し、LTV(顧客生涯価値)は高い、と結論づけており、キャンペーン連続実施によりキャッシュレスの基盤が拡大すると示唆しています。また実際の利用者の声として、「会計時のスピードは上がった。短縮時間は1分。生産性が上がるのは体感できた。滞在時間が長くなると飲物の注文が増える。利益率が高まるため有効だった。」(導入店舗)、「すごく便利。早かったし、楽だった。使える場所をどんどん増やして欲しい。現金やカードの出し入れが手間だった。銀行に行く手間も省けるので早く普及して欲しい。」(消費者)などの意見が得られたことから、「(導入による)利便性・生産性向上には一定の効果があった。」、「消費購買行動の活性化に繋がった。」と生産性が向上したとしています。

以上は福岡の結果ですが、全国に早く広がることが望まれる状況にあるのではないでしょうか。

福岡は訪日外国人が多い

福岡は訪日外国人の多い地域でもあります。その実、訪日外国人訪問率で東京都、京都府についで第3位で10%以上の外国人が観光等で訪れている高訪問率地域です。これをうけて例えば福岡の天神では、「天神は世界一のお買い物天国を目指しキャッシュレスシティを宣言します!」のキャッチコピーでキャッシュレスシティ天神プロジェクトを行い、福岡の天神16大型商業施設でキャッシュレスを推進、QRコード決済を一斉導入しています。

QRコード決済には以下があり、キャッシュレス決済・電子マネーの中でも店舗側の導入コストが低いのでおすすめです。

  • LINE Pay
  • PayPay
  • Origami Pay
  • 楽天ペイメント
  • d払い
  • メルペイ
  • au PAY
  • J-Coin Pay

キャッシュレスシティ天神プロジェクトでは、福岡県天神市の12の商業施設及び約1,600の店舗にキャッシュレス決済・電子マネー端末導入が予定され、今後も様々なキャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入を促進するイベントが開催されるようです。福岡のキャッシュレス社会化がさらに期待できます。

福岡ではキャッシュレス決済・電子マネー対応店舗が広がっている

経済産業省が公開しているキャッシュレス決済・電子マネー対応店舗に特化した地図をご存知でしょうか。これを見ればいかに福岡でキャッシュレス・電子マネー対応が広がっているかが一目瞭然です。
キャッシュレス・電子マネー決済対象店舗検索のための地図

キャッシュレス決済・電子マネーサービス加盟店決済手数料比較

決済サービス加盟店決済手数料特徴
クレジットカード決済
イオン契約時費用0(カード決済端末機設置費のみ)
dカード初期費用や維持費0
セゾンキャッシュレス・消費者還元事業期間中端末導入負担なし
決済手数料3.24%以下
JCB手数料率3.24%~
楽天決済手数料は3.24%または3.74%
導入費用実質0
電子マネー/プリペイドカード決済
ICOCA個別見積もり
nimoca個別見積もり
SUGOCA個別見積もり
WAON個別見積もり
nanaco個別見積もり
楽天Edy個別見積もり
QRコード決済
LINE Pay2021/7/31まで、店舗用アプリを使った加盟店の決済手数料無料
PayPay初期導入費0
月額固定費0
決済システム利用料0(~21/9/30)
入金手数料0(~20/6/30)
Origami Pay初期導入費0
月額固定費0
決済システム利用料0(~21/9/30)
入金手数料0(~20/6/30)
楽天ペイメント3.24%(~20/6/30)
d払い初期費用・月額費用0円
加盟店手数料3.24%
メルペイ初期費用・月額費用0円
決済手数料1.5%、キャンペーン期間中は0%
au PAY初期費用・月額費用0円
入金手数料・決済手数料0(~21/7)
J-Coin Pay導入費用0
決済手数料は各取扱金融機関による

やっぱり不安?キャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入にかかるコスト

キャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入が経済効果があるのはなんとなくわかるけど、導入にかかるコストが不安な店舗側の人もいらっしゃるでしょう。

確かにキャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入にはそのその導入と運用・維持、資金繰りの点がデメリットになります。具体的には、まず多様化している支払手段に対応しなければいけない決済端末の導入だけでなく、その設置スペースや回線を引き込まないといけないという決済端末導入コストです。

次に、現金支払では発生しないキャッシュレス決済・電子マネー手段利用にかかるコストが実店舗側に発生するデメリットや、実店舗等からすると、これら導入コストのうち、支払サービス事業者に支払う手数料は当該事業者(イシュア)が消費者に付与するポイントやマイル原資の一部に見えるが当該ポイントやマイルの恩恵を十分に受けられていないと感じる、現金と比較した場合のコストの高さが挙げられます。

更に現金支払では発生しない紙の売上票(利用控え)等を手交するためのオペレーション負担がキャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入のコストとなります。

そして、キャッシュレス決済・電子マネーと違い現金支払では即時に資金化できますが、一般的にクレジットカード支払では、資金化までに半月~1 ヶ月程度のタイムラグが発生する支払後の資金化までのタイムラグも存在します。

しかしこれらのコストを抑えるためのキャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入の補助制度をご存知でしょうか。

キャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入の補助とは

キャッシュレス決済・電子マネー端末負担はゼロ!?

キャッシュレス決済・電子マネーのキャッシュレス・ポイント還元事業は、消費税率引上げ後の消費喚起とキャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入推進の観点から、オリンピック・パラリンピック直前の2020年6月末までの間実施される中小・小規模事業者向けの支援制度です。

キャッシュレス・ポイント還元事業の中小店舗の本事業への参加申込みなどの手続きは、キャッシュレス決済・電子マネー事業者経由で実施します。本事業の対象となる中小店舗は、まず選択した決済事業者経由で参加を申込み(登録申請)、登録が完了したら送付されてくるポスターやステッカーなどを店頭に掲示することになります。

対象となる中小・小規模店舗には、このキャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入に当たり、決済手数料補助、端末補助など支援が受けられます。その実なんと加盟店手数料は実質2.17%以下、決済端末負担ゼロの場合もあります。また、キャッシュレス・電子マネーで支払った消費者へのポイント還元の原資も国が負担します。

マイナポイントにもキャッシュレス決済端末導入費用の半分が支援される

マイナポイントは消費者がマイナンバーカードを使ってキャッシュレス決済サービスを選び、マイナポイントを申し込む事で、2020年7月以降選択したキャッシュレス・電子マネー決済サービスを利用(チャージや商品の購入等)すると、利用額の25%国から付与されるキャッシュレス決済・電子マネーサービスのポイントです。

2万円の上限はありますが、2万円の商品を購入して5千円分のポイントがつくのはかなりコストパフォマンスが高いのではないでしょうか。経済産業省のキャッシュレス推進室によると、令和2年9月から令和3年3月までの期間、決済事業者が端末等を導入する中小・小規模事業者に対して、端末操作に関する説明・フォローアップを行うことを条件として、中小・小規模事業者がキャッシュレス決済を導入する際に必要な端末等導入費用の1/2を国が補助するとの事です。

決済端末を導入する店舗側としても、マイナポイントを利用するキャッシュレス決済サービス事業者のキャッシュレス・電子マネー決済端末の導入を検討することにより、より有利なキャッシュレス化が期待できるので、利用予定のキャッシュレス決済サービスを是非一度ご確認下さい。

キャッシュレス決済・電子マネーの今後

キャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入は日本経済を救う?

キャッシュレス社会、すなわちデジタルな手段で支払が行われ、そこで生み出されたデータを利活用することにより、国全体の生産性が向上し、実店舗等、消費者、支払サービス事業者がそれぞれ付加価値を享受できる社会の実現も求められる。諸外国において、キャッシュレスは国内取引にとどまらず、インバウンド、アウトバウンド、越境取引へとその範囲を拡げつつある。この範囲の拡大は、データ利活用にも繋がる動きと見て取れ、単に消費があるというだけではなく、利用可能なデータのあるところがマーケットとして認知されるといった変化も起こりうる。このような変化が想定されるなか、我が国のデータ利活用に向けた整備が不十分な場合、マーケットとして認知されず、また、国際的な標準化活動や連携活動からも取り残される可能性も否定できない。そのためには、我が国におけるキャッシュレスが普及しにくい背景や現状について、社会情勢、実店舗等、消費者、支払サービス事業者のそれぞれの視点から把握の上、我が国の実情を踏まえた具体的な方策を実施していくことが望まれる。

【引用】
キャッシュレス・ビジョン、経済産業省

キャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入でコストが抑えられ、回転率が上がる

キャッシュレス決済導入や電子マネー決済導入によって支払い時だけではない新しいメリットも出てきています。例えば飲食店などでスマホで事前注文を受け付け、その後の支払いをテーブルでするといった形です。これにより回転率・調理等の効率化や昼時などのレジの混雑を避けることが出来る、調理員がレジに触る必要がないので衛生的等のメリットがあります。今後も可能性が広がっていきそうです。

【参考】
キャッシュレス・消費者還元事業
福岡市 キャッシュレス実証実験
PayPay株式会社最終報告書(一部引用)

  1. キャッシュレス導入補助はいつまで?
    • 実施期間は2019年10月1日~2020年6月30日です。
  2. 導入補助の対象は?
    • 資本金の額又は出資の総額と常時使用する従業員の数が、製造業で3億円以下又は300人以下、卸売業で1億円以下又は100人以下、小売業で5000万円以下又は50人以下、サービス業で5000万円以下又は100人以下の中小・小規模事業者です。
  3. 導入をどこに相談すれば良いですか?
    • 導入をご検討の際は福岡で導入実績豊富な株式会社Dreamへご相談下さい。

IOT化・キャッシュレス事業・情報インフラの株式会社Dream